毒親 対処方法

ヘッダー

今すぐに毒親の対処方法を知らないとどんどん過干渉に

毒親の対処方法とは、子供の成長の害になる未熟な態度で接する親のことで、ある意味で毒になる親を省略した言葉です。

精神的な問題を扱う本の中で紹介されたのが語源で、近年の親の立場の者による虐待や子供に対する犯罪の増加により、多くの注目を集めるようになってきています。

毒母や母源病などとも言われています。

ここで言う毒親は家族の中でも特に過干渉の父親と母親のことを対象にしていいます。

意味を考えても毒になる親の問題行動は、アダルトチルドレンや様々な性質の依存症、機能不全家族の原因と指摘されていて、ニートや引きこもりや、その他の様々な犯罪行為の関連にも影響している可能性も疑われています。

毒親の歴史は、古くは戦争の帰還兵やアルコール依存症などの親による家庭崩壊や子供への攻撃など、精神面に問題を抱えた一部の親のことと扱われてきてきました。

しかし近年では、そうした問題とは無縁の家庭でも親による虐待や問題行動が発生するようになり、ある意味では毒親は一部の家族の問題ではないと考えられるようになってきました。

対処方法はそうした認識の変化や虐待件数と機能不全家族の増加により、単純に親の個人の問題ではなく家族を形成している者に影響がでると考えられるようになった経緯があります。

アダルトチルドレンや機能不全家族、引きこもりとニートなどの言葉も個人の問題ではなく、過干渉な毒親のそうした家庭内の影響の中から生じる要因として考えられるようになってきています。

毒親になる父や母の特徴と環境

このような問題が発生する原因は、はっきりとした理由は明らかになっていないですが、過干渉の毒親は社会環境の要因や教育面での要因やその他の要因が指摘されています。

対処方法として社会環境の影響としては、戦争や貧困などによる不安定な社会情勢による家庭への影響や、離婚による片親や女性の社会進出により、毒親は温かい愛情を与えられる機会を失った子供の情緒面での影響などが要因として考えられています。

教育面での影響としては、精神的に未熟な状態で親の立場になってしまう人が多くなったことや、精神的な重要性を認めない教育環境などの影響が疑われています。

その他の要因として考えられているのは、親じたいが精神的な病気にかかっている可能性や、過去にDVや虐待を受けた過干渉親による世代間の連鎖による影響などが、毒親だけでなく指摘されています。

いずれの場合も、親の立場になる人の精神状態が極めて歪で未熟な場合が多く、毒親は子供を傷付ける意思がなくても、気がつかないうちに虐待を繰り返している事が多いのが特徴です。

犯罪学の分析では、犯罪を犯す人の生活環境のほとんどが何らかの虐待を行う不健全な家庭であることが明らかになっており、過干渉の毒親の対処方法は犯罪や問題行動が必ずしも個人だけの問題ではないと認識され始めています。

学校でも一人の毒親の影響で周りの子供にも被害が

毒親の特徴や問題行動の対処方法は、子供に対する身体的な虐待と精神的な虐待やその他の行為などの傾向で判断できます。

親や家族の特徴を調べていくことで現状や問題点を毒親によって認識しやすくなります。

身体的な虐待の特徴としては、殴る蹴るなどの直接的に子供に暴力を加えて身体的な苦痛を味あわせることや、熱湯などの中に放り込むなど、毒親は様々な方法で子供の身体に被害を与える行動などがあります。

これらの問題行動は、名目上は親による躾として扱われる上に、毒親からの被害を受ける子供は身体的にも社会的にも未熟なため生命の維持に関わる重大な状況になるまで、明らかにならないことが多いです。

精神的な虐待の特徴としては、子供の人格を認めずに、精神的な攻撃で子供の精神を破壊する行動などが主な特徴です。

例としては、親の価値観を押し付ける押し付けや子供の人格を否定する人格否定、毒親が必要以上に子供の世話をして自立する心を否定する過保護、対処方法としては子供の意思を無視しして一方的に子供の人生を支配する過干渉、子供の人格を尊重しない無視や否定や性的な関係を強要する行為など、その他様々な行為があります。

いずれも身体ではなく精神に悪影響を与える事が主で、子供の人格や権利を無視した行動が多く見られるのが毒親の特徴です。

その他の行為としては、親の責任を放棄する行為などの行為で、家事や育児を放棄したり、過干渉の毒親は明確な理由もなく働かず経済的に家族を困窮させる行為などがあります。

いずれの場合も虐待の影響でも、毒親が子供の精神や人生に多大な影響与える危険性があり、対処方法は将来的に依存症や問題行動の原因になることが指摘されています。

毒親の対処方法は復讐や共存ではなく逃げるべき

問題行動を起こす毒親や機能不全家族の現状は、医学上病気とは認識されないので、対処方法は個人や家庭の問題として扱われているのが現状です。

社会や国や行政機関等の認識はまだ未成熟で、社会的な問題としては扱われていないため、攻撃を受けた人が救済される機関なども未整備ままです。

そのため、毒親の子供が重大な被害にあったり過干渉や問題行動を起こすまで重要問題と認識されないことが多い現状があります。

精神科での治療も投薬のみに限定されているため治療の決め手になっていないです。

毒親の被害を受けた人の多くは、精神的な問題を抱えていることが多いですが、精神科では病気として扱ってくれないため、現状では自分で治療の手立てを探すしかないのが現状です。

カウンセリングは費用がかかりすぎる上に、カウンセラーの質のばらつきの問題などがあり、利用しやすい状況とはいえない問題があります。

いずれにしても過干渉な毒親から受けた影響から逃れるには、対処方法は心に抱えている問題の解決が不可欠で、これらの問題を解決するには多大な労力と時間が必要になります。

毒親に関わるととにかく学校でも近所でも面倒臭い

毒親による影響に対する対策としては、精神的な自立と経済的な自立が対処方法の主になります。

精神的な自立としては、毒親が構成する家族は異常な環境であることが多いが子供の頃から長いこと慣れ親しんでいると、異常性が認識しにくい傾向があります。

そのため、毒親による影響から抜けるには、過干渉の親や家族の異常性を認識して、そこから抜け出る強い意志をもつことが最初の一歩になります。

それからカウンセリングや毒親や機能不全の問題を扱った参考書籍の購読などを行い、精神的な問題を解決していくのが主な対策になります。

眠れない時や不安などには限定的に必要に応じて投薬も必要な場合もありますが、薬での治療は困難なので補助的な扱いになります。

経済的な自立は過干渉である毒親による支配から逃れて、自分で自分の生活を支えるために対処方法が必要です。

引きこもりやニートなどの経済的な自立が難しい場合は、就労支援施設の利用や、株や在宅勤務などができる仕事などへの就労が行われています。